LOG IN

歩み。

by 葉

不甲斐ないわたしは、どうしたらいいんだろう。それでもまた、顔を上げなくては。

一番のネックはわたしの体力や体調なのかもしれない。仕事に就くにしても人付き合いも何にしても。誰かわかってくれる人はいるだろうか?いてもごく少数だろうなぁ…。



家の外に出るのはとても勇気が要る。どんな顔をして笑えばいいかな、どんな風に話せばいいかな。大丈夫かな。緊張しすぎると、あまりの緊張に耐え切れなくなると不意に涙があふれてくる。誰も悪くはないし、わたしにも理解が出来ない。楽しくて笑い過ぎると呼吸をどうやって整えていいのかわからなくなる。そんなことを繰り返しながら日々、生活するというのは毎日が闘いみたいだ。



ーリラックス

気持ちを楽に、というのがいかに難しいことなのか共感してくれる人はどれくらいいるだろうか。

大事な日の前に緊張したり不安になるというのはごく普通だと思う。けれど、それが毎日続くととても耐えがたくなって、いつの日にかプツンと切れる。感情が無かったかのように、なってしまう。




”役割を演じているように感じる”それは、自分をよく見せようとしているわけでも何でもない。ただ上手く溶け込まないと一人だけ地面から足が離れていって、わたしはふと、自分自身を客観視している感覚に陥る時がしばしばある。


話がぶっ飛んでしまうかもしれないが、客観視というのは全てにおいて客観的に見ているのではない、とある人に云われたことがある。そこには少なからず主観が入っている、と。ああ、なるほどなと思ったけれど、そんなことはどうだっていい。



自分を守りたい

人と接していたい






両者がせめぎ合う時、どうしたら良いか悩む。苦しい。楽しい時間の後に人知れず、ぐったりと疲れ果てて寝込む程になることもある。それくらい一生懸命に生きているんだなと、今、この文章をぽつりぽつりと打ちながら思った。


OTHER SNAPS