LOG IN

ビタミン

by 葉

今年も夏が終わる。。

季節の中で「終わる」のは、夏だけだという文章をどこかでみかけたことがある。ちょっと今、書き物に追われていて、一休みするために、PCを開いています。



とりとめもなく指の動くままにキーボードを打つことにしよう。





わたしは朝焼けよりも夕焼けが好きだ。

単純に朝が弱いこともあるけれど、昼と夜の境目の、太陽の光で染まる空の色や雲の流れを眺めているだけで、ほんの少しの間、ぼーっと幸福感に満たされたり、その反対に感傷的になったりして言葉にできない自然の力というか、なんなのか、、それを受け取る。



今日も無事に終わりを迎えられそうだな、と。そんな気持ちになる。



子どもの頃から自然の中を走り回り、土の匂いや、風向き、鳥や虫の音の響きに癒されてきた。川にも落ちた。知らない人に助けてもらった。犬にも追いかけられて泣きながら駆け込んだガソリンスタンドで注いでくれた麦茶も美味しかった。稲刈り後の田んぼのチクチクが好きだった。

四季折々の旬の物、新茶や新米、精米後の温かみの残った米粒。みんなが一生懸命、力を合わせて育てた食物の有難みを背中で語ってくれた地域のおじちゃんおばちゃん。



そして、たくさんの人に見守られて育った。




しがらみも多かったし、それらは今もまだあるけれど、わたしの好きな田舎はきっとずっと変わらずに実家の周りなんだろうなぁ。


息が詰まりそうな時は、そうやって自然の中で心の栄養補給をしていたように思う。







ああ、もうすぐ黄金色に染まった稲穂の海があたり一面に広がる。
秋の風に夕焼けと赤トンボ。お似合いです。。
今年はその時期に帰りたいなあ。



OTHER SNAPS