LOG IN

思い切って休む。

by 葉

家の外に出るという行為は、わたしにとって戦闘モードになる。なんだかよくわからないけれど、刺激を受け取り過ぎてしまう。人より少し、五感が敏感なようで、色んなものが「わたし」の中に飛び込んできて、その何かを察知してしまうようだ。

最近なにかと話題の発達障害か?と疑ってみるけれど、別にそういう感じでもないから、ただちょっと感受性が豊なんだと自分を納得させる。

それでも身体は正直で、ぐったり疲れてしまったり、ここ数年は、理解不能の発熱を繰り返すようになった。

いやあ、誤魔化せないなぁ。。笑


もう来月には卒業式と引っ越しを控え、あとは国家試験の勉強を本格的に始め、その本番が終われば就職活動といった流れで、人生が進むみたいです。
…と、あえて他人事のように言ったのは、それを自分が全部しなきゃいけないと思うと、もう気が引けてしまって、あ、いいです、大丈夫です(結構です)と言ってしまいそうだから。頭の中でごちゃごちゃ考えていると大変だけど、文字にしてみると一つずつやっていけばいいのか。。なんて、今思った。

みんな、誰かとの関わりの中で生きてるから、その彼らから何かを言われることはあると思う。

わたしの場合、有り難い心配ではあるけれど、ひっくり返せば余計なおせっかいなことが多い。



有り難いとは思う。でも、決めるのは自分。それでもし失敗したとしても、何かを得られるはずで。だから関わりの距離を置きたい時や、もう無理!って身体が云っているのなら休んでいいと思う。



勉強しなきゃ~と思って始めたけれど、結局は午前中1時間しか出来なかった今日。それでも明日がある。







くよくよしない

明日は明日の風が吹く



きっといい日になるよ。君に幸あれ。



OTHER SNAPS