LOG IN

新天地にて

by 葉

お引越しをしました。移住しました。ここは、線路沿いに位置していて、時々電車のガタンゴトンシューっという音と共に走りすぎてゆく心地良いリズムを刻んでくれています。バイクや車のぶんぶんしたいきり立つ音と違って優しいです。

わたしのもとに車がやってきました。その名は”よりこ”といいます。一人っ子ではなかったから、「自分のもの」と占有できるものは限られていて、唯一、きょうだいの中でわたしだけが車を所持していることが嬉しいのです。思い入れのある服も本もCDも部屋も、その他色々なものが、譲ったり譲られたりしている中で、車を所持できるというのは、私の中でひとつのステータスになっているのかもしれません。(ローンという付属品がもれなくついているのは痛いですが)

そして、わたしは地下鉄が嫌いだということがよく分かりました。景色の見えない真っ暗な地下道を箱の中にぎゅうっと押し込められて目をやる場所に困り、人々の足元に目線を落とすか、よくみえない広告の文字をひたすら読むか音楽を聴きながらやり過ごすかというなんとも居心地の悪い時間だけを茫然と過ごすのが嫌で嫌で仕方がなかった。通勤も街に出るのも、苦痛だった。なんならビルの一角で窓を開け放てずにいるのも苦痛だった。

感じ方は人それぞれだと思うから別にいいんだけど、なんだか息をするのが苦しくて疲れました。新しい仕事は、もうあと数日後から始まります。きっと、これまで以上に大変になると思う。それでもいいと思うのは、わたしがやりたいなぁと懇願していた内容だったから。時代がまだ追い付いていなかったあの頃。いつか、いつかと思い続けると、ひょんなところから舞い込んでくる幸運もあるんだと知りました。わたしは土壇場に強いところが昔からあって、その理由はよくわからないけれど、勉強も習い事も出来が良かった妹に比べてわたしは…と落ち込んだりもしていたけど、なぜかいつも、試験はギリギリのところで合格。あんなに期待されていた妹は不合格。だったり。。世界は摩訶不思議なことの連続です。

(ここはわたしのための場所というコンセプトのブログだから気に障ってもスルーするのですよ。)

本当に馬鹿なやつだと思われるくらい自分のやりたいこと・好きなことに関しては思い続けていたり公言したりしていると、どんどん引き寄せることができる。わたしはラッキーやミラクルを起こせるんだ!と思っていると願いは叶う。後先考えている暇はない。

お金に困ったら、親のスネかじりでも許してくれるんだったら結構。そういうのはやっぱり気になる。でも、それはこれからの投資だと考えて、自分の生活が軌道に乗るまでは助けを求めてもいい。甘えだととらえられても仕方ないけど、色んな事情があって。破天荒なのはみんな。誰一人として普通の人なんかいない。そもそも普通ってなんだよ。

自分で稼いで自分で自分で自分で…っていうのが理想かもしれないけど、時には頼ってもいい。休んでもいい。逃げてもいい。負けてもいい。わたしは、それが出来なかった。でも、常にポジティブ・勝ちに拘っていたら、疲れるよ。心も壊れるし、体も不調になる。ゆったりのんびりでもいいじゃない、べつに。死にゃあせん。健康優良児じゃないから、毎月医療費が諭吉様くらいいくからね、欲しいもの買えなくて我慢したりもあるけどさ、いいんだよ。頑張るのも、ねばならぬも疲れるからね~。

志は高く、マイペースに。これが難しいんだけど、きっと上手くいく鍵。

じゃあね、またね。

OTHER SNAPS