LOG IN

あたたかな希望の光

by 葉

こんばんは。こちら、やっと台風が通り過ぎていくようです。9月も今日で終わり。

新しい仕事も、まだまだ分からないことだらけで出来ることを頑張ろう~と思いながら、日々を過ごしています。壁にぶち当たることもきっと多いと思うけれど、色んな人に助けてもらいながらやらないとね。悩み事は尽きないけれど、くだらない(レベルの低い)悩みじゃなくて嬉しい。

なんだかね

なんだかなんだかって、私はいつも言っているような気がするけれど、とてもそういう些細なことが大切だったりもして。

仕事柄、そして私自身の辿り着きたいこととして、一つ掴みたいことが見えたような感じがする。どうして”精神疾患・障害”に惹かれてしまうのか。わたしがわたしたらしめる部分の一つでもある、それについて。

なんでこの仕事?と問われる。特に学生の頃はよく問われた。

興味があることは間違いない。けれど、それを上手く説明できない。だからこそ、わたしは向き合うのだなという一つの答えを、見つけた。この仕事を通して、わたし自身が一番、その答えをしっかり掴みたい。

なんでわたしはこうなのだろう。なんでわたしは、なんでわたしは、なんでわたしは。結局、それが知りたくてこの仕事をしていくんだ。

一番、遠ざかりたかった。できれば避けて、逃げてしまいたかった。それなのに、諦められなかったその答えを、わたしは知りたい。

でもそれはきっと、結構怖いだろうな。

ねぇ、どうして、自分と違うものやことをそんなに排除したがるの。わたしの根底にはその疑問でいっぱいだ。

そういう類の病気や障害の「偉人」は尊敬されるのに、どうして身近にいるちょっと違う人たちを差別するの。もしかしたらわたしも、気づかないうちに差別をしているかもしれないし、偏見を持っていることもあると思う。この世に全てや絶対はないよね。

でも、真剣にやっている人を軽くあしらったり、嘲笑いたくないなと思う。あなたの考え、面白いねって笑いたい。

出来ないこと、乗り越えてきたこと、これからの課題云々…色々あるけど、一緒にやってみたい。この目で奇跡を見たい。

ほら、金子みすゞさんが云ってたよ。

―みんなちがって みんないい

OTHER SNAPS